スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

05 31, 2011
土曜日、28日は夫の修士号の卒業式でオックスフォードへ行ってきました。

キプロスから駆けつけた義母と、
快くドライバーをかって出てくれた義兄と一緒に、
渡英後の最初の1年間を暮らした懐かしい街へ。

graduation1.jpg

会場は、これまた懐かしのシェルドニアンシアター。
いつもこの建物を横目に見ながら自転車をかっ飛ばして仕事に向かっていました。

graduation4.jpg

式中の様子。
学生一人につき3名までチケットが手に入る客席は満席でした。
ちなみに式は終始ラテン語で進むので、プログラムが頼みの綱です。

graduation2.jpg

式を経て、晴れて新たに着用を許された、ガウンを纏って(ガウンはレンタルです!笑)。
本当に色々あったオックスフォードでの一年間。
はっきり言って楽しいことばかりではなかったけれど、
文字通り徹夜は日常茶飯事で頑張った夫はもちろんですが、
夫婦としてもかなり成長させてくれた濃い時間でした。

lunch1.jpg lunch2.jpg
lunch3.jpg lunch4.jpg

式後は、それぞれのカレッジに戻って、コースランチを。
前菜がゴーツチーズとトマトのクレソン添え、
メインがバターナッツスクウォッシュとほうれん草のリゾットの鶏肉のせ、
デザートがベリーのタルトとシャーベット。

夫の在学中はカレッジのごはんがいまいち…と書いてばかりいましたが、
今年からシェフが変わり、劇的に美味しく美しく生まれ変わっていました。
この後、懐かしい友人たちとパブ→レストランでの夕食と続き、
すっかり夜も更ける頃、夫実家のあるチェルトナムに帰りました。

R.jpg

お疲れさま。
ブリストルに場を移して、次のステップであるPhD取得への旅路はまだ始まったばかり。
色々あるやろうけど、ぼちぼち歩いていってくださいな。






読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト

修士論文の完成

09 10, 2010
お久しぶりです。
実はまだバースの新居のネット環境が整っておらず、
物凄く久しぶりの更新になってしまいました。

今日は夫とふたりでオックスフォードに戻って来ています。
昨夜(というより、今日の明け方)この1年の集大成である
修士論文を書き上げた夫。

興奮冷めやらぬ眠れぬ夜を過ごし(私はもちろんひとりで爆睡)、
今朝早くの電車に飛び乗って(私は昼過ぎの電車でのんびり合流)、
論文をハードカバーに製本してくれる会社にコピーを提出、
学部や指導教授への提出用コピーを自分で作成、
必要書類の提出...と、1日中飛び回っています。

まさに彼の血と汗と涙を架けて完成した論文。
謝辞の部分に妻である私の名前、彼の母の名前、
そして私の父の名前を見つけました。

振り返ってみると、この1年足らず。
妻として研究を支えてこられたかといえば、
移住や職探しのストレスから、
むしろ逆に足を引っ張った記憶しかないのですが、
こうして改めて夫に感謝されると、なんだかくすぐったいような。

10月から新たに始まる彼の博士生としての生活を
私なりに支えていけたらと気持ちを新たにしています。

奇しくも、今日9月9日は夫の誕生日。
懐かしいボニーとエイドリアンと一緒にディナー、
そして彼らの新居にお泊まりで、盛大にお祝いしてきます。

オット、約1年間お疲れさま!
そして、お誕生日おめでとう。





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

そして誰もいなくなった

08 06, 2010
先週の土曜日。
夫の所属するカッレジ主催のイベントがありました。

wine and cheeze night at teddy

カレッジ内に残る、昔の図書室が会場。

1610~1686年にかけて建てられたこの古い古い空間で、
気心知れた仲間たちで集まって、
ひたすらワインとチーズを楽しむ会という、
なんとも素敵なイベントでした。

カレッジ制度が存在する大学は、
ここイギリスでもオックスフォードを含めそう多くはありませんが、
自分の専門分野の幅を超えて、確実に仲良くなるので、
学生生活を充実させるという点では実にいい制度だなと思います。

この席に集まった、夫の仲間たち。
専門はそれぞれバラバラ。
修士生もいれば、博士生もいるので、
ここ数週間はお別れラッシュです。

お隣のボニーとエイドリアンは、
エイドリアンが繊維科学専攻の博士生なので、
向こう2年はオックスフォード在住。

彼らを除いて、仲のいい友人たちがほとんどこの地を去ってしまいました。

各々の国へ帰る者。
新しいキャリアを築いていく者。
仕事へ戻っていく者。
別の土地で、更に研究を続ける者。

なんとなく、ひとつの時代が終わった感に包まれています。

夫のおかげでオックスフォードの学生生活を
ばっちり垣間見させてもらったこの1年。

おじいちゃん、おばあちゃんになっても、
時々は思い出して語り合うのだろうなと思われる、
とても濃い時間でした。






今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

エンシーニア

06 26, 2010
6/23は、Encaenia(エンシーニア)と呼ばれる名誉学位授与式の日でした。

Encaeniaとは、ギリシャ語で再生の式典という意味だそう。
会場はお馴染みのシェルドニアンシアターで、ラテン語で厳かに進行する式典。

Encaenia1.jpg

写真は、式典を終えて退場してきた面々。
夫は会場には入らず野次馬のみだったので、写真を撮ってくれました。
(式典中は写真撮影は禁止です)

少年を従えて、立派なマントを羽織っているのが
名誉学位を承認する、Chancellor(学長)です。

今年のエンシーニアで名誉学位を授与されたのは計8人。
各人の功績がラテン語で読み上げられ、
それを形式上Chancellorがラテン語で承認するという形で式典は進みます。
開会と閉会を彩っていたのは、聖歌隊。
イギリス国歌にはじまり、美しい歌声に暫し酔いしれました。

Encaenia2.jpg

束の間、オックスフォードの街がマント姿の大学関係者や学生たちで溢れるため、
毎年この日を目掛けてやってくる観光客もとても多いそう。
確かに見応え充分です。

これでもか!というぐらいオックスフォードらしいイベントでした。



   ◇◆◇◆



さて、明日から月曜日までドイツに行ってきます。
夫の母方のファミリーが集まる週末に参加してきます。
夫の叔父たち、叔母たち、従姉妹たちとは初対面。

ドイツ語は話せないので、ちょっと緊張しています。

それでは、今からパッキング→少し仮眠を取ってから
行ってきます!






今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

カレー対決

03 05, 2010
昨晩は夫の所属するカレッジでのフォーマルディナーに参加してきました。

formal hall

学生は一応特徴的な黒いガウンを纏い、フルコースを…
というと非常に格式ばって聞こえますが、実際格式だけで
成り立っているような世界です。

フォーマルディナーでも、ずっと以前に書いたハイ・テーブル(High Table)に参加すると、
文字通り一段高いところに設けられたテーブルを教授陣と共に囲むことになるので、
さすがに気楽にワインをたらふく飲んで…というわけにはいきませんが、
昨晩のように通常のディナー参加で、友人たちと示し合わせてテーブルを陣取ると、
そこはもう紛れも無く学生食堂。

楽しく、飲んで食べての場になります

そうなると、重要になってくるのは食事内容。
これは、誰もがオックスフォードに来るまでは知る由も無かったと口を揃えることなのですが、
カレッジによって実に良し悪しがあります。

残念ながら夫の所属するカレッジは…
頑張っても学生食堂の域を出ません。

teddy hall wine

それでもワインにはカレッジのラベルが。
チラッと写っているナプキンもカレッジの紋章入りです。

昨日のメニューで、唯一テンションの上がった一品。

little fish

!魚が出てくるとそれだけで幸せ。日本人ですから。

そしてメインは、タイトルでお察しの通り、カレーでした。
クリームがかったオレンジ色の、チキンのカレー…。
それはそれで美味しかったんですが、あまりにも絵にならないので
写真を撮る気さえ起こらず、証拠写真がありません。

パブでビールを美味しく飲みなおして昨夜はお開きになりました。



   ◇◆◇◆



そして今日。
午後7時半にくたくたになってアルバイトから帰ってくると、いい匂い!

夫が久しぶりに得意のカレーを作って待っていてくれていました。

curry.jpg

マーケットで買ってきたエビ、新鮮なコリアンダーと青唐辛子たっぷりのカレー。
かなり辛いのでプレーンヨーグルトがよく合います。

今回のカレー対決。
見た目も、味も、文句なしで夫の勝ち

ちなみに、過去にヒッピーだった夫。
レシピ無し、いつも即興で作るカレーは彼が敬愛して止まないインド仕込みです





今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。