スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビーとマムシ騒動

05 15, 2012
お腹のチビのしゃっくりで目覚めた、久しぶりに予定の無い日。
またしてもすっかりお久しぶりですになってしまいましたが、
記録も兼ねて書いておきたいことがあるのでUPします。


GW後半、アビーに事件が起きました。
なんと散歩中、マムシに咬まれました。

たまたまその日、私はスカイプでドイツにいる夫と話をしていて、
いつもなら運動を兼ねて絶対一緒に行くはずの散歩には、
父と母がアビーを連れて出かけていきました。

行き先は、いつも行く車でほんの10分の防災公園。
広い広い芝生がいくつもあったり、
ちょっとした登山まがいの散歩道があったり、
サッカー場も野球場もスタジアムもある、
とにかく広大な敷地面積を有する、
家族連れや犬連れには持って来いの場所。

アビーをノーリードで歩かせるため、遊歩道から外れ、
いつものように他に誰も人のいない場所に
分け入っていった矢先…。


アビーのすぐ後ろを歩いていた父が見たのは、
垂直に飛び上がるアビーの姿。


一瞬、鼻面を蜂にでも刺された?と思ったらしい父。
でも次の瞬間、頭だけは茂みに隠れて見えなかったものの、
父の目に入ったのは異様に太い蛇の胴体。

「マムシ?!?!」とは思ったものの、
58年生きてきてこれまで本物のマムシなんて見たことがなかった父。
この時アビーの体中を点検したものの、咬まれた後は見つからず。
とりあえず母に異常を告げ、車に引き返すことに。

いつもなら誰かの足元に纏わり着くように、
元気いっぱいピンと高く上げた尻尾を振りながら歩くアビーが、
ふたりの後方をノタノタゆっくり付いて来る…。
車に乗せるとき、口のところにくっきり2つの点のような咬み跡を発見。
車に乗せた直後から、出血しだし、涎が止まらなくなる。
更に車が揺れるたびに傷口の痛みで悲鳴を上げるアビー。
息も荒い。さすがに父も母も焦りだす。

家に帰ってくるなり、ちょうど夫と話し終えて、
気楽にネットをしていた私のところへ飛んで来た父と母。
「マムシの画像検索して!アビーが咬まれたかも!」

マムシの一言で、ことの重大性を悟った私。
すぐさま検索して出てきた画像を見るなり父は、
「…間違いない。やっぱりマムシや!」と確信。

マムシ
(ちなみにマムシです。画像はWikipediaより拝借)

折りしも時はGW真っ只中。
いつもお世話になっている獣医さんに連絡するも繋がらず、
あとは片っ端から市内の獣医さんに電話すること5分。
私が鳴らした番号が、繋がったー!
事情を話すといますぐ来て下さいと言って下さいました。

車で約10分。
荒く喘ぐように息をするアビー。
顔は見る見る腫れ上がってきていました。

おっとり迎えてくれた獣医さん。
「大丈夫、犬や猫はね、まずマムシの毒で死ぬことはありませんから」
この一言で救われました。彼が神様にも見えました。
鎮痛剤を2本、注射してもらい、向こう2日ぐらいは凄い顔になること、
とにかく安静にすること、水を沢山飲みたがると思うから、
いつでも新鮮な水をたっぷり飲めるようにしておくこと等
教えてもらい、病院を後にしました。

その後、ごはんも痛みに何度か飛びずさりながらも完食。
ここはさすがラブやなぁと家族で苦笑い。

アビーと何度呼びかけても、ボーっとしていて応えず、
床に顔をつけると悲鳴を上げるほど痛むらしく、
顔を上げたままうたた寝しか出来ず…。
一気に老犬になってしまったような姿が痛々しいまま
一夜が開けました。


翌日。

随分目に表情が戻り、出続けていた涎は止まり、
痛みに慣れたのか少しは痛みがひいたのか、
ようやく顔を床につけて眠れるようになったものの、
顔の腫れは酷くなっていました。

マムシAbbey2

顔というより首のリンパ節まで腫れ上がり、
まるでガマガエル?頬袋に詰め込みすぎたハムスター?状態…。

マムシAbbey

ひ、酷い…(笑)

笑ってはいけないのに、命の危険はないとわかってからは、
この姿に笑いが止まらず。

ちなみにマムシの毒は血が止まらないタイプの毒だそうで、
傷口がやっと乾いたのはこの更に2日後(咬まれてから4日後)でした。

この日は一日中、寝っぱなしで、
翌日は獣医さんに言われた通りひたすら水を飲んでトイレへ、の繰り返し。
かかりつけの獣医さんで傷口の皮膚が壊死してしまわないよう、
抗生物質をもらって5日間服用しました。


そして現在。

腫れはすっかり引き、咬み後に残る僅かなしこりと、
元気すぎて散歩中に植物の茂みに顔を突っ込んだ際に
咬み跡付近を傷つけてしまって出来たカサブタが残る意外は、
すっかり良くなりました。

長くなりましたが、この記事がいつかどこかで
私たちと同じような想いをすることになってしまった
やんちゃな犬のオーナーさんのお役に立てたら幸いです。



すっかり元気になって甘えん坊&やんちゃ盛りのアビーと、Mでした。



追記:本来マムシの攻撃性はさほど高くなく、
   向こうから攻撃してくるようなことはまずありません。
   また夜行性ですが夏や秋は日光浴に出てくる妊娠中のメスと
   昼間に出くわすことがあるので、要注意。
   見かけた場合はアビーのようにちょっかいを出さず、
   静かに立ち去ればまず咬まれることはないそうです。





読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
   
スポンサーサイト
1 CommentsPosted in 日本にて

日本より

04 22, 2012
すっかりご無沙汰してしまいました。

西日本では桜の季節も終わり、
日本に帰省してきてから、はや1ヶ月が経ちました。


お腹のチビは元気です!
週数通りすくすく育っています。

with abbey

大きくなってきた私のお腹と、
これまたすっかり大きく成長したアビー。

愛用している一眼レフを夫が持って帰ってしまったため、
桜を含めなかなか写真を撮れずにいたのですが、
これも何かの機会とコンデジを新調しました。
上はソフトフォーカスモードとやらで撮ってみたもの。
毎日、やんちゃで甘えん坊なアビーに手を焼きつつ、
同時に大笑いさせてくれる彼に感謝の日々です。


何を食べても美味しい日本で、
今後は体重増加との戦いの日々になりそうです…。






読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
2 CommentsPosted in 日本にて

里帰り備忘録 近くて遠い淡路島へ

10 10, 2011
いつもにも増してバッタバタだった今回の里帰り。
家族でのんびり温泉にでも行きたいね、なんて話していたのに、
蓋を開けてみると実際は毎回恒例の美容院に行く暇も無かったほど、
予定がてんこ盛りでした。

しっぽりと温泉宿は潔く諦めて、
すかーんと晴れ渡った秋晴れが気持ちいい某日に、
家族で予定を合わせて淡路島へ日帰り旅行に行ってきました。

awaji1.jpg

いつかの里帰りの時にも地元の友人たちと訪れた淡路島。
密かに地元ファンの多かったフェリー会社が残念ながら無くなってしまったので、
今回はびゅんと一気に明石大橋を渡ります。

海を真横に見ながらドライブしつつ、
向かった先はグルメな父が事前にリサーチしておいてくれたお寿司屋さん。

awaji2.jpg

夫が異常なほど‘タコ好き’なので、タコ!
新鮮すぎて吸盤が口の中でくっついて大変でした。

awaji3.jpg

贅沢に鮑も。これは私が大ファンです。
コリコリした食感も、磯の香りもたまりません。

awaji4.jpg

美味しすぎて、思わずお持ち帰りした生のワカメ。
写真を撮り忘れてしまった淡路玉ねぎの刺身とも相性ばっちりでした。
(玉ねぎは淡路島の特産品のひとつです)

awaji5.jpg

私も夫も大好きなもずく酢!
毎日でも食べたいぐらい好きです。
やっぱり海草ですね。

awaji6.jpg

今回の里帰りで一番よく食べた、戻り鰹のたたき。
夫婦ともにマグロより淡白な鰹が好きで、
日本に住んでいた頃も旬の時期は本当によく食べていました。
生のにんにくと一緒に頂くのがこれまた最高!

awaji7.jpg

そして来ました!特上にぎり。(お父さん、ありがとう)

awaji8.jpg

濃厚なウニ。
夫も私ももともとあんまり好きじゃなかったウニですが、
長崎で新鮮なものを食べてからコロッと寝返り。
大好きになりました。このウニも新鮮で美味しかった!

淡路島特産の玉ねぎもお土産に頂いて、
お腹も心も幸せすぎる時間を過ごしたあとは、
大人しく日陰に停めた車で待っていてくれたアビーと合流し、
いざ海へ!

awaji9.jpg

アビーにとってはじめて歩く砂浜、はじめて見る海。
ちょっと面白い画が撮れたので、連続コマ風にお届けします。

awaji10.jpg
awaji11.jpg
awaji12.jpg
awaji13.jpg
awaji14.jpg
awaji15.jpg

波打ち際に放って貰ったボール。
波が来ないうちに恐る恐る取りに行って、
波が来たらひゃ~!と必死の形相で逃げ帰ってきました。笑

でもやはり水中に撃ち落された獲物をレトリーブしていた先祖の血は争えないようで、
一度だけ自ら海にダイブして泳ぐシーンも。
チビでもしっかりラブラドールなんやね。

遊び疲れたご一行。
観覧車のある淡路では一番大きなサービスエリアで、
ソフトクリームを食べて、帰路に着きました。

awaji16.jpg

あずき入り塩ソフト。

awaji17.jpg

「あー 疲れた」

こうしてお尻をちゃんと使って座る癖のあるアビーです。
沢山の人たちに笑われながら、ちょこんと座っていました。
来年の夏には、海でもぐんぐん泳げるようになっているかな?


京阪神からすぐ近場の淡路島。
それでも島内に流れる空気はのんびりしていて、
手軽に遠出気分を味わえます。

海も綺麗、新鮮な海の幸も豊富。
おすすめです!






読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
10 CommentsPosted in 日本にて

戻りました!

10 07, 2011
約3週間の日本帰省はいつもの如くあっという間に過ぎ去り、
無事バースに戻ってきました。

いつも以上に予定がパンパン、バッタバタの毎日でしたが、
会いたい人たちに会い、秋の味覚を堪能し、
疼いた右下の親知らずも抜き、各種検診にも行って、
なんとも充実した里帰りでした。

なにより、念願の初対面を果たした実家の新入り、
アビーにもうすっかりメロメロ。

アビー2

物心ついたときから気付けば犬たちが側にいる暮らしでしたが、
自分が大人になってから仔犬と一緒に暮らすのは初めてで、
溢れんばかりのエネルギーに圧倒されつつももう可愛くて可愛くて。

次に会える時には中身はともかく、
身体はすっかり成長してしまっていると思うと、寂しい…。 
犬にとっては確実に暮らし易いイギリスに、
連れ帰ってしまいたい衝動を抑えるのに必死でした。

ああ、会いたいなぁ。


明日からは早速仕事に戻ります。
帰省の前から夫がベルリンに行っていて家にいなかったり、
最近ふたり揃って我が家でゆっくりした記憶が無いので、
暫くはなんてことのない日常を楽しもうと思います。
アビーを想いつつ…笑






読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
0 CommentsPosted in 日本にて

阪急電車

01 29, 2011
519NoYup9LL__SL500_AA300_.jpg

昨年度にベストセラーになり、今春映画化の決まっている本。
この本の舞台になっているのが‘阪急今津線’。
片道たった約15分のローカル線です。

実は私たち、結婚後渡英までこの沿線に暮らしていました。
最寄り駅は甲東園。
一品料理も美味しいお寿司屋さん、
タイ料理、インド料理にインドネシア料理、
焼き鳥居酒屋に学生相手の牛丼屋さん、
ヘルシー嗜好のカフェ。

食関係でざっと思いつくだけでもこんなに。
そして昔ながらの家族経営の酒屋さんに、
同じく家族経営の小さなお花屋さん。

引越してしまった後も私たちのことをよく覚えていてくれて、
訪れるたびにあたたかい声を掛けてくれる人情に溢れています。
夫も私も、この町のそういうところが大好きです。

そしてそして。

地元の仲間たちにその家族、
大学時代の友人たち、
学生時代のアルバイト仲間たち、
会社員時代の同期たち、
そして家族のみんな。

ずっと会いたかった顔、顔、顔。
みんなと笑って再会できたことが何より嬉しかった。

今ここで笑って暮らせるのも、
日本の大切な顔ぶれがそれぞれ皆元気でいてくれるおかげと
つくづく思います。

次に会える時まで、みんな元気でいてね。
今回の帰省では、本当にお世話になりました。
楽しい時間をありがとう!




最後に、阪急今津線沿いのお店をひとつご紹介。
甲東園からは2駅先の小林駅が最寄です。
叔父夫婦にいつも連れて行ってもらう大好きなお店です。

今回は夫の大好物のタコぶつの他に、
生レバー、フグの白子など夫は初挑戦のものを美味しく頂きました。
神戸や大阪で食べたら1.5倍のお値段は優にするであろう旬のものを、
たっぷり美味しく食べさせてくれる料理屋さんです。
映画の舞台を訪ねた際は是非!おすすめです。

四季旬菜みゆき

阪急小林駅前すぐ
Tel;0797-72-7488






0 CommentsPosted in 日本にて
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。