スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oxford University Parks

10 16, 2009
街での買い物から帰って来る時、いつも公園を横切って、近道して帰ってきます。

今日もしかり。

戻ってからすぐに荷物を置いて、カメラだけ持って再度散歩に出かけてきました。
出かけるといっても、公園の入り口までは徒歩1分。
家の前の道路を少し斜めに横切ればもう入り口です。

入り口は狭い通路のようになっています。
‘Oxford University Parks’
名前の通り、管理しているのはオックスフォード大学。
041_convert_20091016010757entrance300.jpg

042_convert_20091016010859doorway.jpg

通路を抜けると、もう公園!

広い広い公園に不釣合いなぐらい入り口が小さい(メインのものはもっと大きいです)のは、
今の時期は18:30になるとすべての出入り口が閉まってしまうから。
日没と共に誰もいなくなるように管理されています。
要は、怪しい集会も屋外での飲み会も開けないようになっているんですね。

064_convert_20091016011746trees.jpg

048_convert_20091016011019trees.jpg


縦横無尽に広がる通路ですが、どこをどう通っても、もちろん芝生を横切っても大丈夫。

カメラ片手に、鳥のさえずりをBGMに気分良く歩いていると・・・

ガサガサガサガサうるさいのがいます。

015_convert_20091016013507buddyinourgarden.jpg

このリスたち、街中に君臨していますが、特にパークスではたくさん見かけます。
ちなみに我が家の庭にも毎朝せっせと食糧を隠しに来ます

他にも、たのしい仲間たちがいっぱい。
051_convert_20091016011448friends.jpg

おっと、失礼。
053_convert_20091016011542friendsplus.jpg

鳥たちも人間に慣れていて、寄ってこそ来ませんが全然逃げません。
ジョギングしている人が朝夕はものすごく多いのですが、彼らが逆に
鳥たちを避けて走っているぐらい。

今度はベンチでゆっくり本を読むのもいいなぁと思っています。
お天気のいい日に実行します

また、ぐるぐると木々の中を通りすぎ、家路に着きました。
059_convert_20091016011635trees.jpg

余談ですが、公園ではジョギングしている人たちと同じぐらい、
よく犬連れの人たちを見かけます。

そのたびにずっと犬と一緒に育ってきた私も夫も、景色もよそに
犬だけを凝視してしまうのですが、今日こんなものも見つけました。
043_convert_20091016011840dog.jpg

公園中、至る所に設置されている犬の置き土産専用ゴミ箱です。えらい!
早く、この国で犬と一緒に暮らしたくなってきました。

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記

Previous: Matriculation

Next: 初和食
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。