スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富と成功の象徴

06 12, 2010
バイトもお休みだった昨日。
お友達とニューカマーズクラブのイベントに参加し、
お隣のバッキンガムシャーにある
Waddesdon Manor(ワデスドン・マナー)に行ってきました。

ロスチャイルド家の成功と巨万の富の象徴であるこのマナーハウス。
1874年から1889年にかけて、社交の場、
そして自身の膨大な美術品コレクションを飾るために、
Baron Ferdinand de Rothschild(フェルディナンド男爵)によって建てられました。

現在はNational Trast(ナショナル・トラスト)が管理しています。
マナーハウスというより、もはや城です。

Waddesdon Manor

正面から見ても、やっぱり城。

Waddesdon Manor2

それでは、中へ入ってみましょう。

Waddesdon Manor6

夜な夜な大切な客人をもてなしたのであろう、ダイニングルーム。

Waddesdon Manor7

Waddesdon Manor8

白鳥のアレンジで整然と並ぶナプキンが素敵。
「レモンは本物だよ」と、案内ガイドの老紳士が教えてくれました。

Waddesdon Manor9

絢爛豪華な部屋。
こんな部屋が延々と続きます。

Waddesdon Manor11

女子ならば一度は寝てみたいこんなベッドも。

Waddesdon Manor15

とにかく一部屋一部屋を覗くたびに、
溜息が出ること必須。

広大な敷地の緑と、完璧にデザインされた庭。
美術品に溢れた、館そのものが美術品のようなマナーハウス。

ここまでの圧倒的な富を前にして、
保守的かつ閉鎖的な当時のイギリス貴族たちも
思わず感嘆の溜息を漏らしただろうと想像します。

束の間、夢を見させて頂きました。


Waddesdon Manor
Waddesdon, Aylesbury, Buckinghamshire HP180JH, United Kingdom
Tel;01296 653 226






読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。