スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーンウォールへ

02 12, 2012
3回目の結婚式記念日に、夫がサプライズでプレゼントしてくれた旅行。
行き先は私が兼ねてからずっと行ってみたいと漏らしていたコーンウォール地方。

ホテル2泊朝食付き+スパマッサージ付きでふたりで100ポンドと破格だったので、
正直ホテルには何の期待もしていなかったのですが… 
訪ねてみたら、築100年の古き良きイギリスを髣髴させる魅力に溢れたホテル。
いや確かに古いけれども、お掃除などがしっかり行き届いていて、
なにより清潔感に溢れていたので、その古さも立派な魅力になっていました。
かっちりしすぎていなくて、適度な距離感のサービスも、
まさにオフシーズンの海辺のリゾート地!という感じに溢れていて好感が持てました。

cornwall1.jpg

こちらがホテル。…の、裏側から庭に出たところ。
振り返ったら海!というロケーションです。

ただお勧め!と強く言えないポイントがひとつ。
ニューキー(Newquay)という街にあるのですが、
一応街の中心部に位置しているものの、周りに何もない。
パブも、ランチならOKかなというデリカフェもあるにはあるけれど、
あとはテイクアウェイ系が主流だったり、ナイトクラブだったりで、
オフシーズンは特に選択肢が限られてしまいます。

逆にロケーションでお勧めは、コーンウォール出身の友達含め、
強くお勧めの声も多かったセントアイヴス(St.Ives)!
ちなみにニューキーからは車で約40分。
こちらは本当に良かったです。

こじんまりした海辺の街であることに変わりは無いのだけど、
何処を切り取っても町並みがかわいい。
海の匂いを感じながら街歩きをしているだけで楽しいです。

cornwall2.jpg

駐車場に車を停めて坂を下っていくと、見えてきた街の全景。

cornwall3.jpg

ハーバーまで下ってみました。
コーンウォール発祥のコーニッシュパスティ屋さん、
フィッシュ&チップスなどシーフードが充実しているレストランやカフェ、
パブなども盛りだくさん。あとはアートギャラリーがとても多いです。

cornwall4.jpg

少し路地に入って散策開始。B&Bなど宿泊施設もたくさん。
でもオフシーズンは休業中というお店やショップも少なからずありました。

cornwall5.jpg

アート系のショップやお土産屋さん。
ここはすべてのお店が冬場は閉まっているようでした。

cornwall6.jpg

色合いが海辺の街っぽい通り。
いわゆる正面玄関のドアがとても小さくて、
前を歩く夫が巨人のように見えました。

cornwall8.jpg

途中見つけた可愛いお家。
窓からテディベアが覗いています。

cornwall7.jpg

再度、海に戻ってきました。
この独特の光の加減、街の雰囲気…
何故この街にアートギャラリーが多いのか、
何故この街に多くのアーティスト達が魅了されるのか、
絵心はカケラもない私達ですがその理由はよ~くわかりました。

ギャラリーを梯子して、気に入った絵を1枚ずつ購入し、
そろそろお腹が空いてきたので昼食を摂ることに。

長くなってきたので、後編に続きます。





読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
-2 Comments
By M02 13, 2012 - URL [ edit ]

>hammoちゃん

そうだね、とにかくふたりでゆっくりするのが目的のホリデーだったから、
そういう意味でもこのホテルはすごくよかったんだけど、
あまりに夕食を摂る場所も限られるという点だけがね。
2泊だったからなんとか、1泊目はパブで、2泊目はホテル内で(これまた破格!笑)
大満足のうちに終わらせることが出来たんだけど、あれ以上連泊だと次は…
テイクアウェイ?というね。車を出せばもっとあるとは思うけれど。
セントアイヴスよかったよー!私も是非また行きたい場所のひとつになりました。
コーンウォール。

By hammo02 13, 2012 - URLedit ]

こんな素敵なカントリーハウスに泊まれて朝食&スパマッサージつき2泊で100ポンドなの??
それはめっちゃお得だったね。
まわりに何もないとのことだけど、いずれにしてもコーンウォールは車がないと見所が回りづらい場所だしね。
冬でもさえ見れれば、夏の混雑期を避けて静かな時期にゆっくり訪れるのもよさそうだね。
コーンウォール、私もだいぶ前に訪れてすごく気に入ったの。
でもペンザンス、セントマイケルズマウント、ランズエンドしか行けなかったので、St Ivesとミナックシアターは次回絶対訪れたいな。
続きも楽しみにしています。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。