スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエ観てきました

11 18, 2009
バレエを観に行ってきました。
ENGLISH NATIONAL BALLETの公演。

97px-Xiomara_reyes_Giselle06.jpg

題目は『ジゼル』(画像はWikipediaより拝借)

心臓の弱い、美しい村娘のジゼルが、身分を隠して村に下りてきた貴族の青年と
恋に落ちるものの、彼には貴族階級の婚約者がいて、ジゼルに想いを寄せる村の
狩人も絡んできて… という、悲恋のお話。

でも最後はやっぱり愛がテーマで、美しい。
とにかく美しかった。

ストーリーや演出はもちろん、すべて感嘆の思いで観ていましたが、なんというか、
一夜にしては決して創られない鍛え上げられた肉体がしなやかに、時に激しく
飛び回る様には素直に頭が下がる想いでした。

ほぅ… ってため息ばかりついていました。


場所は、オックスフォード市内中心部の劇場。

017_convert_20091119081621.jpg

劇場内部はこんな感じです。
何年に建てられたのか、実に歴史を感じさせる建物。

009_convert_20091119082620.jpg

一番安い、一番後ろのバルコニー席を予約してもらったのですが、舞台正面だった
のと、劇場自体がこじんまりしているので何の問題もなく楽しめました。

幕が開く頃にはほぼ満席だった客席、席が下に行けば行くほど、オーケストラや
舞台に近くなればなるほど、観客の年齢層がどんどんあがります。

私たちの周りは、ほぼ同年代の若年層ばかり。
10ポンドでチケットが買える気楽さから、こんな北風の吹く平日の夜でも気軽に
観に集まってくるんでしょう。

ロンドンの大英博物館にしても入場料は無料(寄付ベース)だし、日本に比べると
こちらは本当に芸術の敷居が低いのが魅力です。

帰ったら、夫が興奮冷めやらぬ私の話をニコニコと聞いてくれました。
昨日の残り物(しかも作ったのは夫…)が晩ごはんでも、何の文句も言わず
「楽しかった?よかったね!」と言ってくれる彼。

今夜のジゼルに、夫に改めて感謝できる心の余裕を貰ったような気がします。

いつもありがとう。たまには言ってみようかな。


スポンサーサイト
0 CommentsPosted in イベント
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。