スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで結婚式  ~中盤~

11 30, 2009
イギリスで結婚式 ~前編~ の続きです


教会から出た私たちを待っていたのは…

DSC_0381_convert_20091130054858.jpg

旧式のダブルデッカーでした!

そう、後ろから飛び乗れるタイプです。
残念ながらこの旧式ダブルデッカー、廃止が決まったため、いまではもうロンドンの街中でも
ほとんど見ることが出来ません。

それを結婚式で足に使うとは!
なんて粋な演出と脱帽でした。

さて、ダブルデッカー2台で向かった先は、メイフェアに在るジェントルマンズクラブ、
The Travellers Club
1819年に発足し、いまでも女人一切立ち入り禁止の部屋が存在する、格式高いクラブ。

今回は新郎ニックのご尊父が、このクラブのメンバーだということでレセプションの開催が
実現したそうです。

楽団の生演奏に迎えられ、2階へ上がるとまずシャンパンで談笑タイム。

DSC_0397_convert_20091130060922.jpg DSC_0402_convert_20091130060950.jpg
DSC_0398_convert_20091130061729.jpg DSC_0400_convert_20091130061758.jpg

結構な頻度でシャンパンを継ぎ足しに来てくれるので、この時点でかなりいい気分
夫もアッシャーとして忙しく走り回りながらも、旧友たちとの再会を楽しんでいました。

こちらが新郎のニックとその父↓
お父さん、誰かに似てる? 

DSC_0421_convert_20091130083826.jpg

続いて、ダイニングルームへ。

DSC_0410_convert_20091130062953.jpg

座席表の通りに各々のテーブルにつくと、そこにはクイズが置かれていました。
そのクイズとは…

『新婚旅行の行き先』

なんと新婦を含めたゲスト全員が、この結婚式の翌日から新郎新婦が何処に旅立つ
のか知らされていなかったのです。答えを知っているのは、ベストマンのアンディと、
旅行の計画をひとりで立てた新郎のニックのみ。

ああでもない、こうでもないとクイズの話題で盛り上がりながら、料理を楽しみました

DSC_0427_convert_20091130064559.jpg DSC_0411_convert_20091130064532.jpg
DSC_0431_convert_20091130064644.jpg DSC_0448_convert_20091130064717.jpg

下記がメニューです。

スコットランド産スモークサーモン
ラム肉のグリル クランベリーソース マッシュポテト、レッドキャベツ、さやえんどう添え
ルバーブのクランブル アイスクリーム添え


プレゼンテーションがいまいちなのは、サーモン以外はすべて給仕の人がテーブルで
サーブしてくれるからなのです。
ラムはレア気味で、でも癖がなくて柔らかくて最高でした。

着物で苦しくても、美味しいものは全部平らげ、同じテーブルの日本在住暦のある
日本語堪能なカップル、リチャード&カリンと話をしていると…

クイズの答え発表が!
私たちのテーブルの予想は「ニュージーランド?」でしたが、正解は…


長くなるので、またしても続きます
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in イベント
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。