スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスディナー

12 04, 2009
昨晩は夫の所属するカレッジのクリスマスディナーに参加してきました。

ドレスコードはブラックタイ
オックスフォード大学での正装といえばガウンですが、そこまで羽織らなくてもOKなのが
ブラックタイ。

男性はディナージャケットに白いシャツ、黒の蝶ネクタイが主流。
女性はパンツスーツからドレスまで様々。

18時ごろにカレッジに行くと、中庭に飾られた巨大なクリスマスツリーのふもとで聖歌隊が
その歌声を披露していました。曲の合間にはプリンシパル始め、入れ替わり立ち代り聖書の
朗読。ミッション系の大学で聖書を学んだはずの私ですが「・・・。」

その後、オールドダイニングホールに移動。
壁にかかっているのは歴代のプリンシパルたちの肖像画。
ここではグリューワイン(赤ワインと香辛料を煮詰めたもの)が振舞われ、冷え切った身体に
血が駆け巡るのがわかります。

003_convert_20091204205817.jpg 005_convert_20091204205856.jpg

この後、ダイニングホールに移動。
残念ながら夫の所属するSt.Edmund Hall(通称Teddy Hall)のダイニングホールは、いわゆる
ハリーポッターの世界からは程遠く、近代的で、お世辞にもいい雰囲気とは言えません。

078_convert_20091204214924.jpg


それでも昨日は大きなクリスマスツリーが飾られていて、クリスマスムード満点
座席表に従って席に着くと、テーブルにはクリスマスクラッカーが置かれていました。

011_convert_20091204211309.jpg

両端から手を入れて引っ張ると、真ん中の部分がどちらかにくっついたまま蓋が開きます。
中には、紙で出来た王冠と、格言のようなクイズが書かれた紙、プラスチックの小さな
おもちゃのおまけが入っています
知らない人と隣り合わせになった時など、話をするきっかけを作るには最適ですね。
私は右に夫、左にお隣さんで仲良しのボニーが座っていたのでみんなでわいわい騒いでいました。

そして、プリンシパルがラテン語で何事か唱えたのを皮切りに、いよいよディナーの始まりです

013_convert_20091204211223.jpg

012_convert_20091204212058.jpg 017_convert_20091204212150.jpg
018_convert_20091204212242.jpg 019_convert_20091204212335.jpg

メニューは、
チキンのレバーのパテ
スモークした魚(サーモンと、何者かわからなかった白身魚)
チキンのベーコン巻きグリル グレービー、ローストしたパースニップスとにんじん、グラタン風ポテト添え
クリスマスプディング カスタードがけ


これにもれなく白ワイン、赤ワインがつき、何度も継ぎ足してくれます

この後、更にミンスパイとコーヒー、チョコレートの盛り合わせにポートワインと続きました。
ミンスパイは、カナダで初めて食べるまで中身は名前の通りミンチ肉のパイのことだと思っていたのですが、
これはとんだ勘違い。中身はクリスマスプディングとよく似た、刻んだドライフルーツがブランデーなどに
漬けてあるもの。昔は逆に、肉を長持ちさせるためにスパイスやドライフルーツを混ぜ込んだそうですが、
今ではフルーツのみの列記としたデザートです。

さて、ポートワインまでしっかり飲み終えたところで、カレッジの運営者(学生)から、今期カレッジに
貢献した人たちへちょっとした贈り物があり、Teddy Hallの通称にちなんだカレッジのテーマソング
(Teddy Bear Picnic♪)を全員椅子の上に立って(!)歌い、またまたプリンシパルのラテン語の
挨拶で会は一応お開きに。

学生はその後、別の部屋に移動して、更に供されるカクテルを片手に、踊ったり議論に高じたり。

そしてすっかり夜も更けた11:30頃、隣近所の友人たちと連れ立ってカレッジを後にしました。

092_convert_20091204215007.jpg

街もすっかりクリスマス一色のオックスフォード。
寒い夜道を歩きながら、きっと100年前とあまり変わらないであろう街並みを少し眩しく感じました。



今日も読んで頂いてありがとうございます。
クリックすると、イギリス在住の方のいろんなブログランキングに飛びます↓
このブログのランクも上がるらしい?ので、よかったらプチッと押してください。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト
-4 Comments
By M12 07, 2009 - URLedit ]

>petite ninaさん

メールありがとうございましたv-238

本当にそうですよね、日本の大学の学食では考えられない光景…。
これで料理の質がもう少し上がれば言うことないんですけどね(笑)
オックスフォードも、カレッジによって味や質にバラつきがあるようで、
学生の間でよく話題になっています。
私も、夫にくっついてランチはたまに他のカレッジにお邪魔しています。
ホテルのブュッフェ顔負けのカレッジもあったりして、本当に面白いです。

Teddy bear picnicは、ご想像の通りとてもほのぼのした曲です。
こちらでは有名な曲の替え歌のようなので、また夫に聞いてみます!

By M12 07, 2009 - URLedit ]

>rabbiさん

本当に大学の中に街があるのがオックスフォードですよね。
私も6年前に観光で1度だけこの街を訪れたのですが、緑溢れる夏はやっぱりとても綺麗で、
いまから楽しみです。
もう、このグレーで雨降りの空にはうんざり…(笑)

お料理は、家庭料理(特に義理母の料理!)には到底かないませんが、フルコースを
安く食べられるので文句は言えません。お酒も飲み放題ですしv-410

By petite nina12 06, 2009 - URLedit ]

素敵なディナーですね!!v-238
私も夫の大学のカレッジのディナー(ガウンで正装のものでした)に行ったことがあるのですが…
イギリスの学生は、こんなディナーを食べているの~!!?と衝撃でした…(^^;
学生なのに、フルコースで、ワインが出て、給仕されて…なんて羨ましい!!
日本の大学ではあり得ない光景にカルチャーショックでした。
料理は…というお味ではありましたが(笑)、素晴らしい伝統だなぁと感心してしまいました。(オックスフォードのお料理は美味しそうですねぇ♪)

Teddy Bear Picnic、可愛いタイトルですねv-238
すご~くほのぼのとした曲をイメージします…(笑)
Teddy Hallという通称も愛らしいですね(^^)

素敵なクリスマスディナーになった様で、本当に良かったですね♪♪

(追伸:先ほど、頂いたメールアドレス宛てにメールを送らせて頂きました^^)

By rabbi12 05, 2009 - URLedit ]

味わい深そうなお料理や飾られたクリスマスツリーがこれまた素敵ですね。
そして、それに合うドレスコードがまたその雰囲気を引き立たせますね。

オックスフォードは今夏に訪れたのですが、カレッジと英国の自然がうまく融合していて、今ではあたしのお気に入りの場所です。最後のお写真が、これまたオックスフォードの町に相応しい一枚ですね。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。