スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・スイスへの旅 最終章

01 09, 2010
年末年始の旅物語、最終章です


雪に覆われたスイス連邦の絶景を堪能してすっかり満足した後、
予定通りルツェルンに観光にやってきた私たち。

luzern3.jpg

同じ日とは思えないほど、グレーなお天気。
山の上はあんなに晴れていたのに…。

luzernbridge.jpg

luzern5.jpg

ルツェルンはカペル橋という、14世紀に作られたこの木製の橋が見所。

luzern1.jpg luzern2.jpg

こんなに水鳥の多い街は見たことがない、と言うほど鳥だらけ。
右は、羽を広げた姿がハート型の白鳥の後姿をキャッチ

この後、マヌの暮らすSchwyz(シュウィッツ)に戻り、夫の希望で壁画が綺麗な
タウンホール(市役所)を見学して、帰宅。

Schwyztownhall.jpg

マヌママの手料理が待っていました

schwyzlastsupper.jpg schwyzlastsupper2.jpg

Schwyzはイタリア語圏に近いため、イタリア料理がよく食卓に並ぶそう。
サラダの後は、前菜のニョッキ3種に、メインはRosti(ロスティ)という
じゃがいもとチーズのオムレツ、2種類のソーセージ。

デザートにパイを食べてから、この日は仕事だったイボンヌと合流し、
隣町Brunnenの湖畔沿いにあるバーに飲みに行きました。
ここは2004年にもデイジーとマヌと3人で来た思い出の場所

schwyzlastnight.jpg

そこに夫と並んで座っていることが、何かとても不思議な感じでした。




        ◇◆◇◆



こうして、12/30~1/6にかけてのドイツ・スイスの旅は終わりました。
イギリス側の大雪のためフライトが1時間半遅れ、離陸前の機内に
約1時間缶詰めになるというちょっとしたハプニングはありましたが、
ヒースローだったため空港閉鎖だけは免れ、無事にイギリスに帰国しました。

人とのご縁の尊さを、改めて実感する機会を与えてくれた今回の旅行。
私の大切な人たちに、やっと夫を紹介することができて幸せでした。
次はどうやって今回の旅の恩をお返ししようか、既に企んでいます

最後に、今回撮った約1000枚の写真の中から、デイジーとマヌエラのもので
私のお気に入りを載せておきます。

DSC_0245_convert_20100108034458.jpg swissangelsinsharet.jpg

左の写真がデイジーと彼女のパパ、ウォルフガン。
右の写真、左がマヌエラ、右がイボンヌです。

今度はオックスフォードで、3人揃って会いたいなぁ
モントリオールバージョン、チャーリーズエンジェルが復活する日は近い?!(笑)


長々と綴ってきた旅行記、ここまでお付き合い下さった皆様、
本当にありがとうございました。


まだまだ雪の残るオックスフォードにて。





いつも読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in スイス
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。