スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなあなたへ

02 08, 2010
2月7日日曜日、日本時間午後2時。

15年半、家族の一員だった愛犬クッキーが亡くなったと、
日本の両親より知らせが入りました。

最期の最期まで体のどの機能にも特に病を抱えることも無く、
家族に見守られ、老衰で眠るように逝ったそうです。

あんなに食べることが大好きだった彼女が、何も食べなくなって、
水さえ飲まなくなって、約1週間。

覚悟はしていましたが、やっぱり、涙が止まりません。

亡くなる前日に、スカイプで彼女の顔を見て、名前を呼んだ瞬間、
本当に一瞬だけ、混濁した意識がはっきり戻ったのがわかりました。

「帰れなくてごめんね。側にいてあげられなくてごめんね。
 いままで、本当にありがとう」

一緒にスキーにも、キャンプにも、海にも行ったね。
よく取っ組み合いの喧嘩をしたね。
歯を剥き出して威嚇するくせに、全然怖くなかったよ。
私が泣いていると、いつも側にいてくれた。
夫と3人で散歩に行った時は、必ず間に割り込んで真ん中を歩いていたね。
貴女がいたから、我が家はいつも笑いで溢れていました。

伝えたいことは沢山あるのに、涙で声にならず、ひたすら、
「クッキー、クッキー」と繰り返し呼んでいました。


お通夜の今日。夫とふたり、彼女の想い出を静かに語りながら、
日本から届いた日本酒を酌み交わそうと思います。


クッキーへ。
ありがとう。いままで本当にありがとう。


Cookie film


大好き。




スポンサーサイト
6 CommentsPosted in 家族
-6 Comments
By M02 11, 2010 - URLedit ]

>rabbiさま

コメントありがとうございました。
ブログを通して出会った方々にまであたたかい言葉を頂いて、
クッキーも私もとても幸せです☆

嬉しそうに笑っている顔が見えるような気がします。
生前も泣いていると心配して側にいてくれる子だったので、
彼女に心配させないためにも、明るく毎日を過ごしたいと思います。

本当にありがとうございました。

By rabbi02 10, 2010 - URLedit ]

御悔み申し上げます。本当に残念ですね…。
実は、あたしの実家ですが、前に飼っていた愛犬(雌)は16年とわりと長寿だったので、それに比例して思い出も沢山ありました。彼女もクッキーちゃんと同じく死因は老衰(最後はもう快復しないということもあり、安楽死の道を選択しました。苦渋の決断でした)で、最期あたしはみとってあげることが出来ず、出先から戻ったらまだほんのり温かい彼女が目を覚ますことなく眠っていました。
この記事で、あの当時の気持ちが甦って… きっと、Mさんも辛い思いをされているんだろうな…って思うと、涙が出ます。

クッキーちゃん、きっと今頃は天国で幸せに暮らしていますよ。
来世でも、きっと会えると願って…どうぞ安らかに…R.I.P.

By M02 10, 2010 - URLedit ]

>petite nina様

コメントありがとうございます。
そうですね、両親に溺愛され、私たち姉弟と分け隔てなく育ったので
幸せだったかな、と思います。

約8年前には初代の子を13歳で見送りました。
その時はまだ若かったクッキーがいたから、私たち家族も気が紛れたのですが
今回日本の家族は相当寂しいと思います。家の中が急にシンとしてしまったようで。
でもほぼ24時間介護を続けてきた両親には感謝と尊敬の想いでいっぱいです。

petite ninaさんのところにも2頭もいらっしゃるんですね!
一時帰国が楽しみですね☆
1日でも、1分でも多くの時間を一緒に過ごしてあげて下さいね。

By M02 10, 2010 - URLedit ]

>フィッシュ様

コメントありがとうございました。
そうなんです、いつかは…ともう随分長い間覚悟はしていましたが、
最後の1週間は毎日実家に電話して、家族全員でその時に備えていました。

みんなが揃う日曜日を選び、みんなが心の準備の出来る期間を与えてくれて、
生前彼女が最も愛した父の腕の中で、穏やかに逝きました。

ただもう会えないという事実が辛いですが、今はもう老いとも
無縁のところでげんちゃんとも遊んでいるのかな?と思うと
心が穏やかになります。
本当にありがとうございました。

By petite nina02 10, 2010 - URLedit ]

悲しいお知らせでしたね…
私も実家に犬が二匹いるので、人ごととは思えずたまらない気持です…(涙)
今の子達の前にいたもう一人の犬を病気で亡くしていまして、お気持ちお察しいたします。
スカイプでの呼びかけ、涙が出そうになりました。
15年半もご一緒だったんですね。(実家の子はひとりが13歳ですよ…)
穏やかな最期だったというだけでも、少しは慰めになると良いのですが。。。

でも、クッキーちゃん、優しいご家族に包まれて、幸せでしたね!!
写真を見ただけで愛されているのがよーくわかりますもん。
幸福な人生だったな、どうもありがとうって言っていると思います。
旦那さまと思い出話をしてくれたら、クッキーちゃんも喜ぶでしょうね。
日本からMさんのところへ飛んで来てくれると思います、きっと。

クッキーちゃんのご冥福を、心からお祈りしています。

By フィッシュ02 09, 2010 - URLedit ]

びっくりしました。
げんちゃんが亡くなった時に頂いたコメントにURLがあったので、ブログを拝見しにお邪魔したことがあります。
それから大分月日が経ち、今日なんとなくMさんのブログに行きたくなって来てみたら...

いつも言っていた15歳の子ですね。
涙がでました。
スカイプで大好きなMさんのことが分かったのでしょうね。
遠くにいても、最後に会うことが出来てよかったです。
クッキーちゃんの写真、瞳がきらきらしていてとても可愛いです。

今頃は、げんちゃんと空の上でボールの取り合いっこしてるかな?

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。