スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の隠れた特技

05 28, 2010
夫の隠れた特技。


それは…


マッサージ教本

足マッサージ(タイ式)。

過去に約1年間、バックパックを背負って、
インドを中心にアジア諸国を旅して歩いた経験のある夫。

タイ滞在中、何を思ったかタイ人のおばちゃん先生について、
タイ式足マッサージの講習を受けたらしいのです。
(夫の顔写真付き修了証書もあるのですが、自粛します…)

マッサージ教本2

テキストを開いてみると、すべてタイ語。
そこに夫のメモ書きがいっぱい。

「ここは、頭。ここは、肝臓。ここは… 鼻」

いちいち教えてくれながらのツボ刺激もなかなか上手です。
暫く続けていると各内臓がギュルギュル活動開始するから不思議。


そもそも、私がタイマッサージに出会ったのは本場のタイでした。
肩凝りは自覚していても、それまでピンと来るマッサージには出会っていなかった私。

バンコクの観光名所でもあるワット・ポー(寝釈迦仏で有名なお寺)で、
まさに目から鱗の体験をして以来、
すっかりタイマッサージに魅せられてしまいました。

もともと医学としてのタイマッサージの総本山と言われるワット・ポー。
その敷地内で確かなタイ古式マッサージを受けられるのです。
料金も1時間で約1000円(全身、タイ古式)。

心から感動したマッサージは、これが生まれて初めてでした。
幸い日本ではなんとこのワット・ポーでマッサージを勉強された方を近所で発見、
彼女のところに足繁く通っていましたが、ここイギリスではそれも叶わない。

次回の帰国まで、夫に頑張ってもらいます。

長くなりましたが、近くタイに行かれる予定のある方(最近不安定ですが)、
ワット・ポーのマッサージは力いっぱいおすすめです。




今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
0 CommentsPosted in オット

豚と夫

05 18, 2010
昨日、日曜日の昼下がり。

鼻歌全開。
笑顔満開。

自分が思い描いた通りに料理が出来進むと、
非常に機嫌がいいのが夫の特徴。

細い垂れ目が無くなるぐらいニコニコしながら
作っていたのは…

ロースト

コレ。

なんだかわかりますか??

ロースト2

豚肉のローストです。

切り分けられた手前の部分、
Crackling(クラックリング)というカリッカリになった皮部分が、
夫がどうしても成功させたかった‘最高の’部分。

確かに、塩気が強くてカリカリでとても美味しいです。
この部分だけが小さな袋詰めになって、
パブやスーパーでおつまみとして売られているほど。
(こちらは、油っぽいだけで私は苦手です… 出来立てには到底適いません)

ロースト1

豚のローストには、昔からこのリンゴソースと相場が決まっているそう。(夫談)
リンゴを摩り下ろしたものに、砂糖、レモン汁、ほんの少しのバター。
これに水を加えて質感を調整したもの。
もちろん、夫の手作りです。

ロースト3

あまりの大成功に大騒ぎしながら盛ってくれた私のお皿。
付け合せはローストポテト(ルイーザのルクルーゼのおかげですっかり上達しました)、
ローストした人参、パースニップス、さっと蒸したブロッコリー。

これにたっぷりリンゴソースを添えて頂きました

反動で、今日は冷奴に鮭のホイル蒸し、
オクラとトマトの煮浸し、十穀米が夕飯でした。
あしからず…。





今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
0 CommentsPosted in オット

夫、帰る。

04 20, 2010
3泊4日で友人の独身最後を祝うパーティーのため、
ウェールズに出掛けていた夫が帰ってきました。

なにせお天気の良かった週末。
かなりいい色に日焼けしていて羨ましい限り。

ファームハウス

これが貸しきっていたファームハウス。
建物の一番古い部分は500年前のものだそう。

ファームハウス view

これがファームハウスからの眺め。
写っているのは喫煙中のマーカスと、この屋敷に住み着いている猫。
たった1泊しかせず、会議のため車でスイスのチューリッヒに向けて
出発していったらしいマーカス。(なにせ今飛行機が一切飛ばないので)
しかし、どれぐらいの時間がかかったんでしょう…。


散歩に出ると、次々に出会う可愛い面々。
春のイギリスは赤ちゃんラッシュです。

子牛

好奇心旺盛な子牛。

赤ちゃん羊

羊の赤ちゃんたち。

ひつじの親子4

お母さんと比べると、その小ささがわかりますね。

ひつじの親子3

ぎゅっと抱きしめてしまいたい可愛さです。

散歩へ

こんな景色の中を、1日中歩き回り、歩き疲れては途中見つけたパブで1杯
そんな毎日を過ごしていたそうです。


すっかり心身ともにリフレッシュして帰ってきた夫。
帰ってきた早々の今夜の晩ごはんは、彼のリクエストで純和食。
ということで、食卓には、焼き鮭、れんこんのきんぴら、高野豆腐、納豆、
小松菜とネギのお味噌汁、焼き海苔が並びました。

ごちそうさまの後、夫いわく「あ~美味しかった。身体が喜んでる気がする♪」

ん?いつから生まれも育ちも日本人に??

それもそのはず。

ローストビーフ

見てください、この血の滴るローストビーフ。

ローストビーフ2

料理自慢のトムが腕を振るった一品だそうですが、
男ばかりが集まったこの3日間、ここぞとばかりに肉料理ばかり食べていた様子。

そりゃあ和食が恋しくもなるか。
ということで、今週は和食WEEKだそうです。





今日も読んで頂いてありがとうございます。
※掲載の写真は全て夫撮影です。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
0 CommentsPosted in オット

夫の不在

04 17, 2010
今夜から3日間、夫はウェールズにいます。

ロンドンから迎えに来てくれた友人マーカスの、ピカピカの
レンジローバーに乗り込んで、腕にはサイズを調整して以来、
毎日つけている私の祖父のお下がりの腕時計を忘れずにはめて、
意気揚々と出掛けて行きました

ボーディングスクール時代の友人のひとりの
スタッグ・ウィークエンド(独身最後のパーティー)のため、
古いファームハウスを利用した宿泊施設に男ばかり十数名が集まり、
飲んで食べての大騒ぎをするようです。

明日はウェールズの田舎を、ハイキングしながら近隣のパブをハシゴするそう。
明後日の夜は、料理自慢のトムと夫が、ロースト料理を担当するそうです。

いいなぁ。楽しそう!


でも、おかげで私は…。

気楽にひとりの静かな夜を楽しんでいます。
たまにはこういうのもいいもんですね。

chocolate.jpg

祖母から貰った、こんな目にも楽しい美しいチョコレートもひとり占めできてしまうしね。





今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
0 CommentsPosted in オット

アラジンのランプ

02 26, 2010
朝起きると、


「!!!!」 


首が右に回らない。加えて激痛。

どうやら首の筋を一本、寝違えました。
こんなに酷いのは記憶にある限り初めてかも。

一日中まるでおばあさんのように
ゆっくり、ゆっくり行動しています。

立場が逆なら、私なら大爆笑していると思うのですが、
夫は笑うことも無く、そ~っとオイルを塗ってくれたり、
飲み物や食べ物を用意してくれたり、弱々しく呼べば
速攻で飛んできてくれるため、甲斐甲斐しく走り回っています

まるでアラジンのランプから出てくるジーニーみたい

申し訳ないけど、今日は晩ごはんの準備も含めて
全部甘えようと思います。

明日には治っていますように







今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
0 CommentsPosted in オット
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。