スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランチにケジャリーを

05 13, 2010
夫友人の結婚式からオックスフォードに戻ってきた翌日の日曜日。

去年、私にとっては初めてのイギリスでの結婚式に参加した夫友人夫婦が
これまた別の友人の結婚式に参列するためオックスフォードに来ていました。
(彼らの結婚式の模様はこちら

久しぶりだし、ブランチしよう♪ということになり、
Summertown(サマータウン)にあるJoe'sへ。

そこで私がオーダーしたもの。

Jamie+s+KEDGEREE.jpg
(画像はジェイミー・オリバー氏のサイトよりお借りしました)

Kedgeree(ケジャリー)という、魚の燻製入りのカレーピラフ。
植民地のインドから貴族たちが持ち帰ってきたメニューで、
ビクトリア時代に朝食として定着したもの。
今ではブランチや夕食としても食べられています。

私がJoe'sで実際に食べたものは、ゆで卵の変わりにポーチドエッグが
真ん中にぽんと載っていました

子供の頃から、前日の残り物のカレーを大喜びで朝から食べていた私。
カフェで見つけるとついつい頼んでしまうメニューです。
今度、義理母から彼女のレシピを教わらなくては。


話は飛んで、このサマータウンにあるJoe's
コーヒーも美味しくて、カフェ系のメニューも充実しているうえ、
店内の居心地もいいので、ゆっくりお茶にもおすすめです。


Joe's Bar and Grill
260 Banbury Road
Oxford OX2 7DX
TEL;01865 554 484





今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

パイプオルガンの音色は

05 12, 2010
アルバイト後、お友達とパイプオルガンのコンサートに行ってきました。

会場は数あるオックスフォード大学のカレッジの中でも有名な、
クライストチャーチ

クライストチャーチ1

門衛さんに挨拶をして、ゲートを入ると…

クライストチャーチ

さすがに貫禄が違います。
芝生を踏まないように通路を通って大聖堂へ。

クライストチャーチ2

向かって左上に鎮座しているのが今夜の主役、
パイプオルガンです。

クライストチャーチ3

ステンドグラスも見事な大聖堂の内部。
パイプオルガンの反対側はこうなっています。

合計9曲をひとりの奏者が約1時間かけて演奏。
お馴染みの重厚なメロディーから長調まで、
いろんな曲目を堪能できるのは流石コンサートならでは。

クライストチャーチ4

外に出ると、時刻は既に夜の8時半を回っているというのに、この通り。
最近はすっかり日が長くなりました。


束の間、日常を忘れさせてくれる素敵な時間でした。
ちなみに料金は無料、小切手での寄付は受付けているそう。



ANDREW CHAMBLIN MEMORIAL CONCERT
Christ Church Cathedral, Oxford





今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

タイ飯が食べたくて

05 02, 2010
昨晩は珍しく外食しました。

最近ボドリアン図書館の書庫でのバイトを始めた夫も、私も、
仕事が終わった時間が遅くて料理をするのが面倒だったのと、
日本にいたときはよく食べに行っていた、
大好きなタイ飯がどうしても食べたくて!

お隣さんのボニーとエイドリアンに評判を聞いていた
AT THAIというレストランに行ってきました。

ふたりしてバイト帰りだったので残念ながらレフを持っておらず
愛用のIphoneで撮影

初めて行くレストランだったので、オーダーは全てザ・王道

パパイヤサラダ1

前菜はパパイヤサラダ。
辛さもちょうどいい加減でした。
あの生のえんどう豆も大好き。

パッタイ2

パッタイ。外せませんー。

グリーンカレー1

無印のパウチを夢にまで見るほど食べたかったグリーンカレー。
大満足♪

デザート1

デザートはタイ風パンケーキをふたりでシェア。
米粉で出来たような生地にココナツ餡がたっぷり包まれていました。
あたたかいこのタイ風パンケーキに、冷たいバニラアイスを添えて。


美味しいものを食べて身も心も幸せな夜になりました。
たまーの外食も大切やねと、ふたりで再確認。
タイ料理に関してはあと1軒以前から行きたかったお店があるので、
またの機会に是非ご紹介しようと思います。


AT THAI
129 High street, Oxford, OX1 4DF
TEL;01865 245603





今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


オックスフォードの春

04 14, 2010
春です。

一時帰国中の日本は思ったよりもずっと気温が低くて、
春物しか持って行かなかった私には少し想定外でしたが、
イギリスに戻ってみると、

「ん?ここは何処の国??」

すっかり春めいていてびっくりしました。

3月28日にサマータイムが始まり、時計を1時間早めたせいもあり、
夜の8時頃まで余裕で明るいせいもあるのでしょう。

街中が花と緑に溢れ、早朝から夕暮れまで小鳥が歌い囀っています。


先週の土曜日は、あまりにもいいお天気だったので、
夏物を詰め込んだダンボールからサンダルを引っ張り出してきて、
夫とふたりで家の目の前の公園へピクニックに

at parks1

夫の手作りサンドイッチで、ちょっとしたお花見と決め込みました。

at parks2

ソメイヨシノの哀愁漂う美しさは無いけれど、この時期ピンク色に色づいた木を見ると
自然と吸い寄せられてしまいます。

at parks3

公園中にTシャツ、サンダル姿が目立ったこの日。
大好きな夏が着実に近付いてきていると思うだけで元気が出ます。

at parks7

ところどころで見かける花。
いろんな色をしています。

at parks5

一面に咲く、ブルーが綺麗な花。

at parks6

写真を撮った時間帯が既に夕方なので、わかりにくいのですが
本当に目の覚めるような青色をしています。

桜菓子

この日のお茶菓子は梅と桜。
日本で祖母がくれたもの。
テーブルクロスは母が手作りしてくれたもの。

春の花咲くこの街を、日本の家族にも見せてあげたいなーと思いながら、
早足でアルバイトに向かう日々です。





今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

アウトレットへ

03 07, 2010
オックスフォードからバスに揺られること約20分。

ビスタービレッジ(The Bicester Village)というアウトレットに到着します。
(何度夫に訂正されてもついつい「バイセスター」と発音してしまう私。
ひと癖もふた癖もあるイギリスの地名、要注意です

the bicester village

空恐ろしいことに、5日間連続で好天に恵まれているイギリス南西部。
週末の土曜日ということもあり、結構な人出で賑わっていました。

日本でも大人気のキャス・キッドソン(Cath Kidston)や、
ジミーチュウ(Jimmy Choo)アニヤ・ハンドマーチ
お馴染みのグッチフェラガモなどのハイブランドに加えて、
イギリス老舗のバーバリーアクアスキュータムも軒を連ねていました。
珍しいところでは、モンクレール(Moncler)UGGも入っています。

もっともっと小規模なアウトレットを想像していただけに、嬉しい驚きでした。
オックスフォードから少し足を伸ばして… 是非、おすすめです


     ◇◆◇◆


アウトレットに隣接しているTESCOでライ麦とひまわりの種のパンを買って帰ると、
夫が夕食を作って待ってくれていました。

potato and leak soup

じゃがいもとリーク(長ネギ)のスープ。


トッピングしてあるのは、リークのソテー。
コトコトと長時間煮込まれて、旨みたっぷりの優しいスープでした。

週1ぐらいで、身体が喜ぶ‘スープの日’を作るようにしています。






今日も読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。