スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で産むか、イギリスで産むか

06 06, 2012
タイトル通りのことで悩むこと、約1ヶ月。
夫とも沢山沢山話し合いを重ねた末、いま、まだ日本にいます。
つまり… 日本で産むことに決めました。

事の発端は、本来ならイギリス、バースでの出産後まもなく、
日本から両親もしくは母のみ、お手伝いというよりは
新生児期の初孫の顔を拝みに来てもらう予定だったのが、
独居生活の祖母のことなど様々な事情からそれが難しくなったこと。

夫がドイツで研究生活中という事情はあるにせよ、
妊娠期間中にこれだけ長期でお世話になっておいて、
初孫の誕生に胸を躍らせている両親に、
新生児の時期に会わせてあげられないのか…と思うと、
これまで散々好き勝手に生きてきた私ですが、
非常に暗澹たる想いに駆られました。

もうひとつは、お腹がだんだんと大きくなってくるにつれ、
いくらビジネスクラスでも、いくら経過が順調でも、
妊娠後期のこの時期(31週2日で飛ぶ予定でした)のフライトに
どうしても気が進まなくなってきてしまったこと。
かつて自分にはカケラすら無いと思っていた母性本能の成せる業か、
ここまでお腹の中で育ててきたこの子に、
いま何かあったら一生悔やんでも悔やみきれないという想いが
ムクムクと湧いてきて、自分でも驚きました。

これらを踏まえて、こちらでお世話になっている産科の先生に相談したところ、
いまのところ経過は順調そのものの優良妊婦だけど、
この時期のフライトは100%大丈夫とは誰にも言ってあげられないし、
旦那さんさえこちらに来て立ち会えるのなら、
今回は産後の手伝い手が少しでも多いこちらで産んでは?とのこと。

先生のこの言葉を受けて、夫と更に話し合い、
結果的にはチビへのリスクが少ない方=つまり日本ということで
話が決まりました。


バースの我が家で、静かに迎える新生活への憧れ。
夫婦ふたりともが思い描いていたスタートとは少し違いますが、
これもなにかのご縁だろうと、今はなにより我が子に会える日を楽しみに、
心穏やかに毎日を過ごしていこうと思います。

6月末でドイツでの研究生活を終える夫は7月17日に来日し、
チビが予定日を大幅に超過することなく、産後の経過が順調であれば、
3人で1ヶ月検診後の9月上旬にはイギリスに戻ります。
生後1ヶ月でのフライトについては、航空会社及び産科の先生に確認済みです。
(航空会社の規定では、なんと生後8日から搭乗可能とのこと!)

私たちの決断を辛抱強く待ち、全面的にサポートしてくれた
双方の家族、両地の友人たちにも感謝。

チビソックス1

母とブラブラ買い物中に見つけた、手のひらサイズのベビーソックス。
暑い盛りに産まれてくるので日本では不要とわかってはいても、
あまりの可愛さについ買ってしまいました…。

最近特に寝入りばなの胎動が非常に激しく、
いまも肋骨の内側をドスドス蹴っているチビさん。
どうかどうか元気に産まれてきてね。





読んで頂いてありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
2 CommentsPosted in 妊婦生活
プロフィール

M

Author:M
英国はオックスフォードを経て現在はバースにて、博士号取得を目指す夫と暮らしています。

犬が大好き、
食べるの大好き、
泳ぐのが大好きな夫婦の日常。

為替
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
カウンター
参加中のランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
メールはこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。